新TOEIC(R)勉強法に関する情報をお届けします

私が新TOEIC(R)テストの勉強をしているので、私自身へのメモ書きついでにTOEICを受けてみて分かったことや、世間一般的に言われていることでちょっと印象とは違ったようなことを記事できればと思っています。

例えばTEICのテストでは英文法を知っているだけで一瞬で解けるパートが存在します。これは英文法の勉強がスコアアップに必要だと言うことになるのですが、これはテスト対策でしかありませんので批判的な意見も多いと言うことです。

スコアアップの為の勉強は本末転倒だと言いたいのでしょう。

まあ確かにその通りなのですが・・・。

それにTOEICでハイスコアを出したからと言って英語がペラペラな訳ではありません。

これはTOEICが英会話力を図るテストではないということもあるのですが、英語ができる人がTOEICを受けるとハイスコアになる訳でTOEICのスコアがハイスコアなことと英語ができることはイコールではありません。

このあたりも詳しく書いていければと思っています。

あとはTOEICのスコアアップのために何をしたか、何は必要なかったか、どんな教材、参考書が良かったか、などの情報を書いていきます。

リスニング意外は基本英文法の教科書とTOEICの公式問題集だけでいいと思っていますが、韓国あたりでは本物の過去問題集が販売されていたりするので、その辺りの情報も載せていければと思っています。

リスニングに関してはリスニングに絞った教材が必要になりますが、ただ英語を聞くだけの教材を使うのであれば私は公式問題集でリスニングしたほうがよっぽどチカラがつくと言いたいですね。

とまあ、英語力うんぬんよりもテストでのテクニックのほうが重要だったりするので、興味があれば記事を読んでいってください!!

新TOEIC(R)に役立つ英語教材

TOEIC(R)対策でまっさきに思い浮かぶ英語教材と言えば、リスニング満点がキャッチコピーのスーパーエルマーだと思います。

それ以外だと。。意外と無いんですよね。

TOEICを受けている人間には周知の事実ですが、公式問題集の反復練習が一番のレッスンだと言われています。

前述したように日本では過去問題集が販売されていない上に答案用紙の持ち出しもできませんので、過去問をしたければ現状では韓国からの輸入になります。

テクニック集も必要ですが、まずは基礎を固めるのがオススメなので英文法の本やTOEIC頻出の英単語集などを解きまくり、あとはテスト形式で公式問題集の反復練習と言う流れが最も一般的です。

リスニンニングも反復なので、ここはスーパーエルマーやヒアリングマラソンなどのリスニング用の教材を買い足すのもありですが、高額な買い物になるので英語教材の比較検討系サイトで違いや金額、受講期間などをしっかり確認し、実際にTOEICのリスニングスコアが上がった実績があるものを選びたいところです。

リスニングはスピーキングをしまくるのが一番のレッスンになるので英会話(英語)教材スピーキングパワーのようなシャドーイング教材もありかと思います。

最近のテストではアメリカ以外の国の発音も聞き取れなければならなくなりましたが、訛りなどはあまり気にしなくて良いのでオーストラリア英語かアメリカ英語かなどわけての対策は必要ないでしょう。

最新記事

  • 文法なんて必要ない?

    「会話をするのにプンぽうは必要ない」英会話の学習時によく言われますよね!ですがTOEICは英会話力を図るテストではありません。英会話だとしても英文法を覚えずにすべての英語フレーズを覚えるなんて効率が悪すぎです。

    文法なんて必要ない?

  • 日本語と英語は全然違う

    日本語と英語の語順に関するうんちくです。理解できている人も多いと思いますが、英文を理解する上でこの違いが最も時間をロスするのでしっかりと対策しておきたいところです。それにはやはり英語の取り扱い説明書である文法が大切です。

    日本語と英語は全然違う

  • 学校の勉強はムダだった?

    高卒でも6年間学校で英語を勉強するのに全く英語ができない日本人は何がいけないのでしょうか?日本の英語教育が悪い?学校の先生が悪い?はたして学校の勉強は無駄だったのでしょうか?それてもあなたの勉強が足りなかったのでしょうか?

    学校の勉強はムダだった?